2018年 8月 15日 (水)

高木復興相、「下着ドロ」疑惑を否定 抗議・提訴は「考えていない」

印刷

   高木毅復興相は2015年10月20日の会見で、過去に地元の福井県敦賀市の民家に侵入して女性の下着を盗んだことがあると週刊文春や週刊新潮が報じていた問題について、「そういった事実はございません」などと否定した。警察の取り調べを受けたという指摘についても「ありません」とした。

   両誌に抗議したり提訴したりする意向については「職責を果たしていくのが今の私の務め」だとして「今のところ考えていない」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中