2018年 12月 17日 (月)

ブラックコーヒーを好む人はサイコパスでサディスト!?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「ブラックコーヒーを好む彼とは、デートしない方がいいかも?」。オーストリアにあるインスブルック大学のクリスティーナ・サジオグロウ教授は、ブラックコーヒーやトニックウォーターなどの苦みが大好きな人はサディストでナルシストになる傾向が強いという研究を発表した。論文は科学ジャーナル誌「Appetite」2015年9月25日付で受理され、同誌に掲載された。

   それによると、サジオグロウ教授は500人の男女に4つの味覚「甘さ」「しょっぱさ」「苦さ」「酸っぱさ」を好きな順に並べるよう指示。合わせて「挑発されたら相手を殴るか」といった性格に関するアンケート調査を行った。

   この性格調査では、被験者に「サイコパシー(精神病質)」「ナルシズム(自己陶酔)」「マキャベリアニズム(権謀術数主義)」「サディズム(加虐性癖)」の4つの側面がそれぞれどの程度あるかの判定や、日常生活におけるサディスト傾向をテストした。

   すると、「苦さ」を好む人は、4つの側面のすべてに高いスコアを示した。サジオグロウ教授は「ブラックコーヒーなどの苦い飲食物を好む人は、ジェットコースターに乗る行為とつながっており、恐怖や痛みを楽しむ傾向がある」とコメントしている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中