2018年 8月 18日 (土)

ブラックコーヒーを好む人はサイコパスでサディスト!?

印刷

   「ブラックコーヒーを好む彼とは、デートしない方がいいかも?」。オーストリアにあるインスブルック大学のクリスティーナ・サジオグロウ教授は、ブラックコーヒーやトニックウォーターなどの苦みが大好きな人はサディストでナルシストになる傾向が強いという研究を発表した。論文は科学ジャーナル誌「Appetite」2015年9月25日付で受理され、同誌に掲載された。

   それによると、サジオグロウ教授は500人の男女に4つの味覚「甘さ」「しょっぱさ」「苦さ」「酸っぱさ」を好きな順に並べるよう指示。合わせて「挑発されたら相手を殴るか」といった性格に関するアンケート調査を行った。

   この性格調査では、被験者に「サイコパシー(精神病質)」「ナルシズム(自己陶酔)」「マキャベリアニズム(権謀術数主義)」「サディズム(加虐性癖)」の4つの側面がそれぞれどの程度あるかの判定や、日常生活におけるサディスト傾向をテストした。

   すると、「苦さ」を好む人は、4つの側面のすべてに高いスコアを示した。サジオグロウ教授は「ブラックコーヒーなどの苦い飲食物を好む人は、ジェットコースターに乗る行為とつながっており、恐怖や痛みを楽しむ傾向がある」とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中