2019年 1月 21日 (月)

認知症になっても4割が暮らしに「前向き」 内閣府初の世論調査

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2015年10月23日、内閣府は認知症をテーマにした初めての世論調査の結果を発表した。調査は9月、全国の20歳以上の3000人を対象に面接で行い、1682人(56.1%)から回答を得た。家族や近所付き合いを含めて認知症の人と接した経験のある人は、ない人と比べて認知症を好意的にとらえていることがわかった。

   認知症のイメージは、回答者全体では、認知症になっても「医療・介護のサポートを利用して今まで通り自立的に生活できる」が6.8%、「サポートを利用しながら今まで暮らしてきた地域で生活できる」が33.5%で、認知症に対して前向きのイメージの2つの選択肢は計40・3%。接したことがある人(56.4%)でみると計45.5%で、ない人(43.6%)の計33.7%を大きく上回った。

   また、認知症になったとしたら、どのような不安を感じるかという質問(複数回答)では、「家族に負担をかけるのでは」が74.9%と突出し、「家族以外の周りの人に迷惑をかけるのでは」も56.5%と多かった。「これまでできていたことができなくなるのでは」(56.8%)、「家族や思い出を忘れてしまうのでは」(55.8%)??など認知症になった自分の不安より、家族や周囲の人への影響を心配する人が多いことがわかった。

   一方、認知症になった場合にどうするかでは、「介護施設で暮らすことを希望する」人が47.7%、「今まで暮らしてきた地域での生活を希望する」人が43.7%と結果が二分した。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中