世界選手権で男子体操団体が27年ぶりの金

印刷

   イギリスで開催されている体操の世界選手権で男子団体が37年ぶりの優勝を果たした。オリンピックを含めると11年ぶりの金メダルとなった。

   日本は予選を1位で通過し日本時間2015年10月29日にグラスゴーで行われた決勝は日本は内村航平、田中佑典、加藤凌平、白井健三、萱和磨、早坂尚人の6人で臨んだ。結果は270.818点を挙げて2位のイギリスを0.4余り上回った。3位の中国は7連覇を逃した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中