2018年 7月 19日 (木)

東芝、画像センサー事業をソニーに売却

印刷

   東芝は、スマートフォンなどに使う画像センサー事業から撤退すると、2015年10月28日に発表した。生産拠点の大分工場(大分市)の直径300ミリメートルウエハーラインをソニーに売却する。製造や設計を担う従業員約1100人はソニーに転籍する方向で調整に入る。画像センサー事業の売り上げ規模は2014年度に約300億円だった。売却額は明らかにしていない。

   東芝は、設備売却を伴う本格的なリストラに着手。2015年度中に手続きを完了させ、経営再建を急ぐ。一方、ソニーは画像センサーで世界首位の座を固める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中