2018年 10月 21日 (日)

ネットリテラシーを問う「ネット常識度」調査、日本は最下位 最高得点はドイツ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ウイルス対策ソフトなどを開発するカスペルスキーは2015年10月29日、ウェブサイトやSNS閲覧、ファイルダウンロードなど危険をはらむネット上の状況についての対応(ネットリテラシー)を問う「ネット常識力調査」を世界16か国の18歳以上のネットユーザー1万8000人に実施、その結果を発表した。日本は、マレーシアと並び最下位となった。

   テストは、危険をはらむ様々な状況に対する29の設問と、その対応が書かれた回答が用意された。各選択肢には、安全度に応じた点数が割り当てられる。満点は150点で、テスト終了後、得点と4段階の判定結果が表示される。最高得点はドイツの100点で、平均点は95点。日本は92点だった。

   例えば、フィッシングサイトに関する問題では偽のページと本物のページを区別できるか確認するため、通常のアドレスと異なるアドレスを含む4つのサンプルを用意。その中で本物のページを選択できたのは24%だった。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...