2020年 8月 11日 (火)

「最近やせましたね」の声に気が緩んだか 家事、運動サボって体脂肪が「最悪」に

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   体脂肪を減らすには、運動を始めるしかない――。ダイエットを続ける36歳男性、木村清志さん(仮名、以下キヨシさん)が次の段階に進むために決意を固めた、はずだった。

   約束から1週間、キヨシさんはニコニコ顔で登場した。開口一番出てきた言葉はこれだ。「最近やせましたねって、よく言われるんですよ」。

「もう、ごめんなさいと言うしかない」

   いまや「キヨシメニュー」となったランチの定番は、マグロ丼プラス「から揚げの代わりにキャベツ大盛り」定食だ。週に1度は通っているその店で、女性店員から「やせましたね」と声をかけられたとウキウキ。

キヨシさん「それだけじゃないですよ。取引先でも『ほっそりした』と言われて。少し前はパツパツで履けなかったズボンが、今では余裕です。うれしくて」

   特に聞いてもいないのに、しゃべりがとまらない。ダイエット開始当初は身長178センチ・体重83.5キロだったが、今回は体重78.5キロまで落ちた。目標は「半年で10キロ減」だが、すでに半分の減量を達成したことになる。

   ただ、最近の課題は体脂肪だ。順調に減ってきた体重とは逆に、体脂肪率の数値はこのところ上昇傾向にある。改善への一歩は踏み出せたのか。

編集部「さて前回の宿題ですが、週末の家事の手伝い、できましたか」
キヨシさん「いやあ、実はすっかりソファーでのんびりしちゃいました」
編集部「ということは、食器洗いや洗濯は...」
キヨシさん「全然やってません。もう、ごめんなさいと言うしかないです」

   聞けば、一段落した仕事がまた忙しくなり、休日はつい気が抜けたのだという。同情できなくもないが、多忙であればずっと足踏み状態になってしまう。

夜の食卓、妻からは「野菜をもっと食べて」
夜の食卓、妻からは「野菜をもっと食べて」
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中