2018年 9月 21日 (金)

独フォルクスワーゲン、日本の10月販売半減 排ガス問題でイメージ悪化か

印刷

   排ガス不正問題を受けて、独フォルクスワーゲンの新車の日本国内販売が、2015年10月は前年同月比で半減したことが11月2日までに分かった。

   報道によると、10月の新車登録台数は2400台ほどになっており、15年間続いた年間輸入車トップの座を他社に譲り渡す可能性が出てきた。日本では、問題のディーゼル車を正規販売していないが、ブランドイメージが悪化したとみられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中