横浜の「地域猫」8匹が相次いで不審死 毒殺の可能性も

印刷

   神奈川県横浜市中区の住宅街で2015年8月以降、地域住民が共同で飼育していた「地域猫」8匹が相次いで不審死しているのが見つかった。2015年11月4日までに新聞やテレビが相次いで報じた。いずれも外傷はなく、神奈川県警は毒殺された可能性もあるとみて調べを進めている。

   8匹のうち6匹は、けいれんを起こして弱っているところを近隣住民が発見。病院へ運ばれたものの、数日で死んだという。他の2匹は死骸で発見された。

   猫は周辺住民が避妊・去勢手術し、餌を与えていた。同署は動物愛護法違反の容疑も視野に入れ、死んだ猫の解剖や血液検査を進める。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中