2018年 9月 19日 (水)

原子力規制委、「もんじゅ」運営主体の変更を勧告へ 廃炉の可能性も

印刷

   日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で機器の検査漏れなどが相次いだ問題で、原子力規制委員会の田中俊一委員長は2015年11月4日の記者会見で、「納得できるような改善が見られない」と述べ、今後半年をめどに、原子力機構に代わる運営主体を決めるよう監督官庁の文部科学省に勧告する方針を明らかにした。近く勧告の文書をまとめて文科省に送る。

   機構に代わる運営主体が見つからない場合、廃炉に向けた議論が本格化する可能性もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中