2019年 4月 19日 (金)

小規模な「診療所」、利益率で病院上回る 厚労省調査

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   厚生労働省は2015年11月4日、医療機関の経営状況をまとめた14年度の「医療経済実態調査」の結果を厚労相の諮問機関にあたる中央社会保険医療協議会に報告した。収入に対する経常利益の割合を示す利益率でみると、医療法人が運営する「病院」は前年度比0.1ポイント減の2.0%だった。これに対して、入院ベッドが20床未満の「診療所」は、利益率が同0.5ポイント減ながら9.1%と、病院を大きく上回った。

   一方で、病院の院長の年収は同0.1%増の2930万円で、診療所の院長の年収2914万円(同0.5%減)より高かった。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中