2018年 8月 18日 (土)

鳥貴族が鳥二郎と和解 ロゴマークやメニューそっくりで訴訟

印刷

   ロゴマークやメニューが酷似していることで営業を侵害されたとして、焼き鳥チェーン大手の「鳥貴族」が、「鳥二郎」を展開する秀インターワンにロゴマークなどの使用禁止や約6000万円の損害賠償を求めた訴訟が2015年11月2日付で、大阪地方裁判所で和解した。和解内容については明らかにしていない。

   訴状では、「鳥二郎」のロゴマークの「鳥」の字体がニワトリを連想させる鳥貴族のデザインによく似ているほか、メニューや内装も模倣と訴えていた。「鳥二郎」の一部店舗は、鳥貴族が入居しているビルの真上や真下で営業していたこともあったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中