2018年 12月 17日 (月)

とろける甘さそのまま「薬用チョコレート」 糖分と脂肪を半減

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   主成分のカカオが健康にいいことがわかっているのに、糖分と脂肪の多さがネックになっているチョコレートだが、2015年10月、英ロンドンで開かれた世界チョコレート・フォーラムで、米の「クカ・ソコ」社が糖分と脂肪分を市販製品の半分に抑えた「薬用チョコレート」を出展して話題になった。

   2016年からまず南米で販売を開始する。

コカの葉の抽出物使い苦み取り除く

   カカオには、抗酸化物質のポリフェノールやミネラル、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれており、血糖値を下げるなどの健康効果があることが知られている。しかし、市販のチョコレートの多くは糖分と脂肪の割合が約70%。ちょっと食べ過ぎただけで、健康効果がマイナスになる心配があった。この欠点を補おうために、牛乳成分を一切入れないダークチョコレート(別名ブラックチョコ、ビターチョコ)が発売されているが、カカオの苦みが強く出て、「あのとろける甘さがなく、チョコらしくない」と敬遠する人も少なくない。

   天然のカカオは苦みが非常に強く、とても口にできるものではないといわれる。そのため市販のチョコレートは、牛乳成分や砂糖で苦みをやわらげているが、同社の開発チームは、コカの葉の抽出物を使い、苦みをある程度取り除くことに成功した。このため、チョコレートの甘さをほぼそのままに糖分・脂肪分を市販製品の半分の35%にすることができたという。

   開発担当のグレゴリー・アーロニアン氏は「最終的には糖分と脂肪分を10%以下に落とすよう研究を続ける」とコメントしている。チョコレートは「ギルティー・プレジャー」(後ろめたい喜び)と呼ばれてきたが、堂々とほおばれる日が近い!?

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中