2018年 8月 18日 (土)

とろける甘さそのまま「薬用チョコレート」 糖分と脂肪を半減

印刷

   主成分のカカオが健康にいいことがわかっているのに、糖分と脂肪の多さがネックになっているチョコレートだが、2015年10月、英ロンドンで開かれた世界チョコレート・フォーラムで、米の「クカ・ソコ」社が糖分と脂肪分を市販製品の半分に抑えた「薬用チョコレート」を出展して話題になった。

   2016年からまず南米で販売を開始する。

コカの葉の抽出物使い苦み取り除く

   カカオには、抗酸化物質のポリフェノールやミネラル、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれており、血糖値を下げるなどの健康効果があることが知られている。しかし、市販のチョコレートの多くは糖分と脂肪の割合が約70%。ちょっと食べ過ぎただけで、健康効果がマイナスになる心配があった。この欠点を補おうために、牛乳成分を一切入れないダークチョコレート(別名ブラックチョコ、ビターチョコ)が発売されているが、カカオの苦みが強く出て、「あのとろける甘さがなく、チョコらしくない」と敬遠する人も少なくない。

   天然のカカオは苦みが非常に強く、とても口にできるものではないといわれる。そのため市販のチョコレートは、牛乳成分や砂糖で苦みをやわらげているが、同社の開発チームは、コカの葉の抽出物を使い、苦みをある程度取り除くことに成功した。このため、チョコレートの甘さをほぼそのままに糖分・脂肪分を市販製品の半分の35%にすることができたという。

   開発担当のグレゴリー・アーロニアン氏は「最終的には糖分と脂肪分を10%以下に落とすよう研究を続ける」とコメントしている。チョコレートは「ギルティー・プレジャー」(後ろめたい喜び)と呼ばれてきたが、堂々とほおばれる日が近い!?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中