2018年 5月 25日 (金)

オナニーをするとハゲるってホント?

印刷

   「オナニーをし過ぎると頭が悪くなる」「スポーツ選手はオナニーをしない」「オナ禁をすると体調がよくなる」......。そうでなくてもコソコソするオトコのオナニーに好意的な都市伝説はない。

   その最たるものが「オナニーをするとハゲる」というもの。これってホントなら悲惨だが――。

  • 「オレたち、亜鉛大好きパワフル兄弟」(イラスト:サカタルージ)
    「オレたち、亜鉛大好きパワフル兄弟」(イラスト:サカタルージ)

オナニーで「育毛ミネラル」亜鉛が無駄になる? いいえウソです

   結論から言うとウソである。ただし、火のない所に煙は立たず――。皮膚科専門医のサイトなどをみると、もっともらしい意味づけが2つある。第1の理由とされるのが亜鉛だ。精液の中には亜鉛が含まれており、精子の量を増やし、動きを活発化させる働きがある。米国ではズバリ「セックスミネラル」と呼ばれて、精力剤には必須の栄養素だ。

   一方、亜鉛は「育毛ミネラル」といわれるほど髪の毛に欠かせない栄養素でもある。髪の毛の約90%はケラチンというタンパク質でできている。ビタミンの働きを借りて、メチオニンというアミノ酸からケラチンを合成するのが亜鉛なのだ。亜鉛が不足すると白髪や薄毛になりやすい。「オナニーで精液を放出すると、髪の毛にいくはずの亜鉛とタンパク質を無駄に消費してしまう」というのが「オナニー→ハゲ説」の理由の1つというわけだ。

   これに対して、ある専門医はサイトでこう反論している。「射精ごときで体内の栄養バランスは崩れません。亜鉛も通常の食生活をしていれば、それなりに摂(と)ることができます」。亜鉛を含む食品で有名なのは牡蠣(カキ)だ。レバーやチーズ、卵、納豆、アーモンド、貝類、肉類、豆類にも豊富に含まれている。ついでにいうと、ケラチンの元になるメチオニンを豊富に含むのは、魚介類、肉類、乳製品、豆類......。確かにみな日々の食事十分に摂れる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中