野球賭博関与の巨人3選手に無期失格処分 コミッショナー裁定

印刷

   プロ野球・巨人の3選手が野球賭博に関与していた問題で、日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーは2015年11月10日、福田聡志投手(32)、笠原将生投手(24)、松本竜也投手(22)に無期失格処分、巨人に制裁金1000万円を科すと発表した。選手への失格処分は1969年に八百長が発覚した「黒い霧事件」以来。

   処分を受け、巨人は3選手に契約解除を伝えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中