2019年 11月 14日 (木)

セックスをすると少女は友人を失い、少年は友人が増える でもディープキスでは逆の結果が! 米で社会学研究

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「セックスをすると少女は友人を失い、少年は友人が増える。しかし、ディープキスでは逆の結果に」。

   思春期の性交渉が友人関係に及ぼす影響が男女間で大いに異なり、少女にはつらい結果になりやすいことが、米ペンシルベニア州立大社会学・犯罪学のデレク・クリーガー教授らの研究で明らかになり、2015年8月の米社会学会で報告された。

  • 見つめ合う2人だが、友人たちに誇れるトロフィーはお互いに違う
    見つめ合う2人だが、友人たちに誇れるトロフィーはお互いに違う

4年間にわたって追跡調査した結果は

   研究チームは、アイオワ州とペンシルベニア州の28の農村地域で、11歳から16歳までの男女921人の性体験と交友関係を4年間にわたって追跡調査した。11歳の秋に調査をスタート、まず友人の名前を書いてもらい、翌年の春、翌々年の春と、毎年春ごとに友人との「交友親密度」をチェック。新たな友人ができれば名簿に追加、友人を失えばそれも記録し続けた。その間の性体験を「性交(sex)」と「愛撫(make out)」(ディープキス、ペッティングなど)に分けて調査した。

   その結果、「性交」をした後の友人関係をみると、少女では交友親密度が平均で45%下がったが、少年は逆に平均で88%上昇した。一方、「愛撫」をした後の親密度では、少女は25%上昇したが、少年は29%低下した。また、少女では「性交」をすると男女両方の友人を失うが、少年の場合はむしろ男性の友人がぐっと増える傾向がみられた。しかし、少年が「愛撫」だけをした場合は、男性の友人を失うが、女性の友人は失わないことも明らかになった。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中