2018年 7月 20日 (金)

「放送法は『倫理規範』」 BPO委員長が反論

印刷

   放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会がNHKの「クローズアップ現代」をめぐって発表した意見書で、総務省がNHKに行政指導で「厳重注意」したり自民党がNHKの幹部を呼んで説明を求めたりしたことについて批判したことを受け、川端和治(よしはる)委員長は「放送の現場の意欲をそぎ、萎縮させてしまう」などと政府・与党の対応を改めて批判した。2015年11月13付の朝日新聞のインタビューで答えた。

   高市早苗総務相はBPOの意見書発表直後に談話を出し、放送法の規定は「単なる倫理規範ではなく、法規範性を有する」などとして行政指導は適切だったと反論している。この点について川端氏は、放送法の国会上程時の趣旨説明で「『放送番組に対する検閲、監督等は一切行わない』と述べていた」ことなどを根拠に、

「放送法が倫理規範であるということは、ほとんどの法律学者が認めている」

と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中