2018年 7月 22日 (日)

セウォル号船長、殺人罪で無期懲役確定 韓国最高裁

印刷

   2014年4月に起きた韓国の旅客船、セウォル号の沈没事故で、乗客を救助せずに脱出したとして殺人罪に問われていた船長のイ・ジュンソク被告(70)ら乗組員15人に対する上告審判決公判が15年11月12日、ソウルの大法院(最高裁)であった。裁判官全員が殺人罪で船長に無期懲役を言い渡した2審判決を支持し、上告を棄却した。船長の無期懲役判決が確定することになる。

   韓国の裁判は3審制で、14年11月の1審判決では船長の「未必の故意」が認められないとして殺人罪は適用されず、遺棄致死罪などで懲役36年を言い渡していた。15年4月の2審判決では一転、乗客に脱出命令を出していなかったとして殺人罪を適用し、無期懲役判決を言い渡していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中