2018年 9月 22日 (土)

パリ同時テロでフィギュア・フランス杯中止 成績の扱いは今後協議

印刷

   国際スケート連盟(ISU)は2015年11月14日、前日にパリ中心部で発生した同時多発テロをうけ、フランス南西部のボルドーで開催中だったフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ、フランス杯を中止すると発表した。大会は13日にショートプログラム(SP)を終え、最終日の14日にフリーの演技を予定していた。

   ISUは警備を強化して大会を続行する方針だったが、フランス内務相とボルドー市長が中止を指示。日本からはSPで首位に立った宇野昌磨選手(中京大中京高)、村上大介選手(陽進堂)、村上佳菜子選手(中京大)、今井遥選手(新潟県連盟)の計4人が出場していた。成績の扱いについて、ISUは今後協議するとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中