市街地でのドローン飛行 国交省が許可受け付け

印刷

   国土交通省は2015年11月17日、小型無人飛行機「ドローン」に関する規制を盛り込んだ改正航空法(12月10日施行)によって、原則禁止となる市街地での飛行について許可申請の受け付けを始めた。

   同法では、人家が密集している地域や地表から150メートル以上の高さを禁止区域とし、人や建物から30メートル以上離れて飛行することなど定めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中