2018年 8月 21日 (火)

遺伝子組み換えサケ、米国で食用として承認

印刷

   米食品医薬品局(FDA)は2015年11月19日、遺伝子を組み換えたサケを米国内で食品として販売することを承認したと発表した。遺伝子操作により、通常の2倍の速さで成長する。これまで遺伝子組み換え作物は流通してきたが、食用の動物で認められたのは初めて。

   遺伝子組み換えサケは、米マサチューセッツ州の企業が開発。養殖はカナダとパナマの地上の施設で行い、米国では養殖しない。FDAは審査の結果、安全性に問題はないと判断した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中