2020年 2月 23日 (日)

「実子裁判」判決にダンマリの喜多嶋舞 息子の親権を両親に移した事情

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   元光GENJIの大沢樹生さん(46)による「実子裁判」の判決を受け、週末のワイドショーでは、元妻である喜多嶋舞さん(43)に厳しいコメントが向けられた。

   「父性確率0%」というDNA鑑定結果が報じられた当初、喜多嶋さんは「父親は大沢さん」と猛反論し、音楽プロデューサーの父・修さんまで「でっちあげ」だと参戦していた。世間の風当たりが強まる中、喜多嶋さん側は今後、どのような主張を展開するのだろうか。

  • 大沢さんのブログは11月5日以来更新されていない(大沢樹生さんの公式ブログ)
    大沢さんのブログは11月5日以来更新されていない(大沢樹生さんの公式ブログ)

「なぜ、事実ではないことを」と憤っていたが...

   東京家裁は2015年11月19日、大沢さんが、喜多嶋さんとの間にもうけた長男(18)は実子ではないとして「親子関係不存在」の確認を求めていた訴訟について、DNA鑑定の結果などから「親子関係は存在しない」との判決を下した。

   この件における一番の被害者が長男であることは言うまでもないが、喜多嶋さん側はこれまで一貫して非がないことを示し、自身もまた被害者であることを暗に示してきた。

   2人は1996年6月に「できちゃった結婚」し、97年1月に長男が誕生。05年に離婚した。13年12月、大沢さんが「週刊女性」の直撃取材に「父性確率0%」とのDNA鑑定結果が出たことを認めたことで、問題が明るみになった。

   報道直後、喜多嶋さんは「なぜ今このようなことが突然書かれるのか、非常に憤りを感じております」とする怒りのコメントを発表した。この時点では大沢さんが本当の父親かどうかについては触れていなかったが、大沢さんが記者会見を開いた14年1月には「女性自身」のインタビューに応じ、

「なぜ、事実ではないことをあそこまで平然と言えるのか」
「断言します。Aの父親は大沢さんです」

などと大沢さんの主張に真っ向から反論した。加えて同時期には、長男と米国で一緒に暮らし始めた父の喜多嶋修さんが「とくダネ!」(フジテレビ系)の独占取材に応じ、

「今回の件に関しては全て大沢のでっち上げだと思っている」
「あそこまで大芝居を打たれてしまっては黙っているわけにはいかない」

などと大々的な批判キャンペーンを展開し、大沢さんを事実上「嘘つき」認定してみせていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中