米国務省が全世界対象に渡航注意喚起情報 「テロリストの脅威高まる」

印刷

   米国務省は2015年11月23日、米国人旅行者向けのウェブサイトを更新し、「テロリストの脅威が高まっている」などとして全世界向けの注意を呼びかける渡航情報を出した。渡航情報では、過激派組織「イスラム国」(IS)や、アルカイーダ、ボコ・ハラムなどが「複数の地域で引き続きテロを計画している」と指摘している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中