2018年 8月 18日 (土)

「画伯」田辺誠一、紅白シンボルを手がける 「日出ずる国日本、世界に誇る富士山をイメージ」

印刷

   ツイッターなどに独特な画風の絵を投稿し、「画伯」とも呼ばれる俳優・田辺誠一さんが第66回紅白歌合戦のシンボルマークを手がけた。NHKが2015年11月26日に発表した。

   番組テーマ「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」の文字と、太陽と富士山を背に鳥がはばたいている様子を組み合わせたデザインで、田辺さんは「日本の力強さ、歌の力強さをイメージして描きました。日出ずる国日本。毎日、力強く昇る太陽、世界に誇る富士山、そして空高く舞う鳥。新しい年に向かって、また豊かな未来やそれぞれの夢や目標に向かって大きく自由に羽ばたいていくイメージです」とコメントしている。

   

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中