2018年 10月 17日 (水)

「画伯」田辺誠一、紅白シンボルを手がける 「日出ずる国日本、世界に誇る富士山をイメージ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ツイッターなどに独特な画風の絵を投稿し、「画伯」とも呼ばれる俳優・田辺誠一さんが第66回紅白歌合戦のシンボルマークを手がけた。NHKが2015年11月26日に発表した。

   番組テーマ「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」の文字と、太陽と富士山を背に鳥がはばたいている様子を組み合わせたデザインで、田辺さんは「日本の力強さ、歌の力強さをイメージして描きました。日出ずる国日本。毎日、力強く昇る太陽、世界に誇る富士山、そして空高く舞う鳥。新しい年に向かって、また豊かな未来やそれぞれの夢や目標に向かって大きく自由に羽ばたいていくイメージです」とコメントしている。

   

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...