オウム元信者菊地直子被告に無罪判決 東京高裁

印刷

   オウム真理教による1995年の東京都庁郵便爆発事件で殺人未遂のほう助罪に問われた、元信者の菊地直子被告の控訴審判決で、東京高裁(大島隆明裁判長)は2015年11月27日、懲役5年とした1審の判決を取り消し、無罪を言い渡した。

   2012年に逮捕された菊地被告は、爆薬原料を運んだとして殺人未遂のほう助罪に問われていたが、無罪を主張していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中