2019年 12月 15日 (日)

「狙って、持って帰れるよう頑張る」 錦織選手、96年ぶり「五輪メダル獲り」誓う

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   男子テニスの錦織圭選手(25)が、日に日に「メダル獲り」への意欲を強めているようだ。錦織選手は2016年のリオデジャネイロ五輪や2020年の東京五輪に向けたスポンサー契約を続々と獲得しており、ここ数日は「発表会ラッシュ」だ。

   当然、発表会では五輪の目標が話題にのぼるが、じょじょに獲得に向けた表現がストレートに変化しており、2015年11月27日には「メダルを持って帰れるように頑張りたい」と述べた。日本にとってテニスでの五輪メダルは1920年が「最初で最後」。96年ぶりのメダル獲得への期待が高まりそうだ。

  • JALの植木社長からは「リオ五輪での活躍を祈って金色」に塗装されたモデルプレーンがプレゼントされた
    JALの植木社長からは「リオ五輪での活躍を祈って金色」に塗装されたモデルプレーンがプレゼントされた
  • 格納庫に作られた「即席コート」でのラリーも実現した
    格納庫に作られた「即席コート」でのラリーも実現した

テニスのメダルは1920年に獲得したのが唯一

   男子テニスの11月23日付けATP世界ランキングでは、錦織選手の順位は8位。日本人では最高位で、08年の北京(1回戦敗退)、12年のロンドン(5位入賞)に続いて3大会連続の五輪出場が確実視されている。日本が初めて五輪でメダルを獲得したのは1920年のアントワープ大会。男子テニスの熊谷一弥選手がシングルとダブルスで、柏尾誠一郎選手がダブルスでそれぞれ銀メダルを獲得している。日本のテニス選手がメダルを獲得したのは男子・女子含めてこれが唯一で、仮に錦織選手が獲得すれば96年ぶりの快挙だ。

   当然、発表会の場でもメダル獲得が話題にのぼる。11月25日のP&Gの発表会では、錦織選手は、

「自分もメダルを取れる位置にあるし、取りたい気持ちも大きくある」

と意欲を示したものの、

「正直、何も期待しないでもらいたい」

と弱気な発言も漏れた。翌11月26日のLIXIL(リクシル)の発表会では、

「それまで(五輪まで)にレベルを上げて、メダルを狙える位置にいたい」

と意欲を見せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中