2018年 8月 16日 (木)

コンドームに水を詰め、頭上から落とす 「コンドームチャレンジ」、日本人投稿動画も

印刷

   著名人が次々に頭上から氷をかぶったことで話題になった「アイス・バケツ・チャレンジ」を彷彿とさせる運動が海外のネット上で広がりつつある。

   水で膨らませたコンドームを頭上に落とす、というものだ。たいていの場合、コンドームは頭上ですぐには破れない。頭上から顔面まで長く伸び、コンドームを「かぶる」形になることが多く、その際に「変顔」になる様子をととらえた動画が「笑える」と評判だ。一見「おふざけ」に見える運動だが、実は「あるメッセージ」が込められているのだという。

  • ユーチューブやツイッターには大量の動画が投稿されている。頭上ですぐに破裂しないのが特徴だ
    ユーチューブやツイッターには大量の動画が投稿されている。頭上ですぐに破裂しないのが特徴だ

「安全なセックスの推進」を目指して始まった

   2013年にも、米国や英国で10~20代を中心に「コンドームチャレンジ」が流行した。コンドームを片方の鼻の穴に入れて鼻をすすって吸い込み、最後には口から出す、というものだ。当時の動画には「痛そう」「吐きそう」といったコメントが続出した。これと比べれば、今回の「チャレンジ」、ハードルは低そうだ。

   今回の運動は、ツイッターの「#CondomChallenge」というタグで15年11月下旬に広がったようだ。多くは国外のものだが、中には日本人が投稿しているものもあり、ツイッターで9000回以上リツイート(転送)されるほどの人気だ。

   14年に流行した「アイス・バケツ・チャレンジ」は、その目的として筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究支援をかかげていた。今回の「コンドームチャレンジ」も、一応の目的はあるようだ。

   若者向けの米ニュースサイト「エリート・デイリー」によると、運動は「安全なセックスの推進」を目指して始まった。これくらい馬鹿げたことができるほどにコンドームが丈夫だということを示すことで、人々がコンドームを利用した安全なセックスを選ぶことを願っているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック