中絶反対と関係? 銃乱射で3人死亡 米コロラド州

印刷

   米コロラド州コロラドスプリングスで2015年11月27日(現地時間)、医療施設で男が銃を乱射、さらに施設内に立てこもり、駆け付けた警察との間で銃撃戦となった。男は5時間後投降したが、少なくとも3人が死亡、十数人がケガをした。現場は妊娠中絶手術などを行っているクリニックで、中絶に反対する保守派などからの批判を受けていた。現時点で動機などは明らかになっていないが、米国では事件との関係を示唆する報道もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中