2018年 9月 23日 (日)

わずか30分で20万円以上「大量万引き」 シンガポールでANA女性CAに罰金60万円

印刷

   全日空(ANA)の27歳の客室乗務員(CA)が滞在先のシンガポールで総額20万円以上の品物を万引きして身柄を拘束され、罰金刑を受けていた。

   わずか30分の間に7店舗で万引きするという特異な犯行で、盗んだものはフェラガモのコインポーチやスープの素、果物などバラバラだ。ANAは犯行について陳謝した上で、「厳正な処分を行い、現在は在籍しておりません」と説明している。

  • ANAのCAはシンガポール中心部のショッピングセンターで犯行に及んだ(写真はイメージ)
    ANAのCAはシンガポール中心部のショッピングセンターで犯行に及んだ(写真はイメージ)

被害総額21万円のうち15万円がフェラガモ製品

   ストレーツ・タイムズなど現地紙によると、このCAは窃盗の罪で2015年11月16日に7000シンガポールドル(約61万円)の罰金刑を受けた。裁判で示された万引きの内容は、かなり特異なものだった。

   CAは乗務で8月4日朝にシンガポールに到着。疲労したまま特に仮眠を取ったりはせずに、中心部のオーチャード通りにあるショッピングセンター「パラゴン」に向かい、犯行に及んだ。パラゴンは有名ブランドのブティックが多く入居していることで知られている。現地時間12時20分に店員がCAの身柄を拘束し、警察に通報した。

   CAが盗んだものは、フルーツ、はがき、野菜スープストック、フェラガモのコインポーチ、名刺入れ、財布、ミズノのメンズタイツなど多岐にわたる。これらの犯行は7店舗で10時30分~11時の30分間に行われ、被害総額は2400シンガポールドル(約21万円)にのぼった。そのうちブランド品の被害額が1750ドル(約15万円)を占める。

   裁判では、検察側は罰金刑を求刑。一方の弁護側は、

「犯行は事前に計画されたものではなく、財政的、物質的な利益を得るためのものではない。(店側に)損失はなく、盗まれた品は返却されている」

などと主張。犯行時、CAは「衝動調節障害をともなう大うつ」で、現在は精神科で適切な治療を受けているなどとして、罰金の額を6000シンガポールドル(約52万円)に抑えるように求めていた。

「乗務する上で問題はなかったものと認識しております」

   ANA広報部はCAが罰金刑を受けたことを認めた上で、

「弊社社員の違法な行為により、関係の皆様に多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳なく、お詫び申し上げます」

と陳謝した。ANAでは、出社時にはクルー全員でお互いの健康を確認したり、定期的に健康診断を行うなどしており、異常が見つかれば乗務をさせない措置をとっている。今回罰金刑を受けたCAについても乗務前には異常はなかったとしている。

「直前の乗務において、特に変わった様子はなく、乗務する上で問題はなかったものと認識しております」

   CAに対する処分については、

「厳正な処分を行い、現在は在籍しておりません」

と説明し、自らが申し出て退職したのか解雇したのかについては明らかにしなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中