2018年 8月 19日 (日)

同じカロリーでも食事回数が多いと太る 滋賀県立大のチーム発表

印刷

   1日に同じカロリー量を摂取しても、食事の回数が多い人は少ない人より肥満になりやすいことを滋賀県立大学の村上健太郎准教授らの研究チームが突きとめ、2015年10月14日付の米栄養学会誌「Journal of Nutrition」に発表した。

   研究チームは、米保健省が保管している「米国民の健康・栄養調査」の記録から2003~2012年までの20歳以上の男女1万8696人のデータを対象に選び、分析した。「1日の食事の品目」「1日の総カロリー量」「食事をした時刻と回数」「定時の食事か間食か」などを自己申告してもらい、BMI(肥満指数)やウエストのサイズとの関連を調べた。

   その結果、同じカロリー量を摂取したようにデータを調整すると、1日に5回以上食べている人の肥満者数は、3回以下の人に比べ、男性で1.54倍、女性で1.45倍だった。また、5回以上の人は内臓脂肪量も多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中