2018年 8月 17日 (金)

名古屋市が食育で「朝食に菓子パン」OK モーニングサービス花盛りの土地柄のせい?

印刷

   2015年11月28日、名古屋市は策定中の2016年度から始める新しい食育推進計画で、これまで「朝食」から排除してきた「菓子パン」を初めて認めることを決めた。

   PTA代表や有識者らでつくる懇談会では「栄養面で問題がある」と反対の意見が出たが、市側は、「まず、朝食を食べる習慣を身につけることが大切」という菓子パン派の意見を容認した。

  • 甘い菓子パンには糖分とカロリーがたっぷり
    甘い菓子パンには糖分とカロリーがたっぷり

「朝食を毎日食べている」80~90%に近づく

   食育推進計画は全市民が対象で、これまでは「菓子(菓子パン)や果物、サプリメント(栄養補助食品)」は朝食の定義に入れていなかった。

   名古屋市といえば、喫茶店などのモーニングサービスが盛りだくさんで、コーヒー1杯の料金に菓子パンをはじめ、サンドイッチやピザ、ヨーグルト、チーズ、ゆで卵、サラダ、イチゴなどがつき、しかも食べ放題というところが多いことで知られる。市が行なった朝食のアンケートでも、「朝食に菓子パン」という人が少なくなく、20~30歳代男女では8.1~14.3%にのぼった。菓子パンを朝食に含めることになると、「朝食を毎日食べている」20~30歳代男女は、現在の38.0~67.6%から52.0~76.8%にまで跳ね上がり、市が2020年の目標にしている80~90%に近づくことになる。

栄養士会は「菓子パンだけの朝食になってはいけません」

   なお、日本栄養士会のサイトをみると、健康な食生活へのアドバイスとして、「朝食を抜いたり、主食だけの食事(かけうどん・おにぎり)や菓子パンだけになったりしていませんか? 必要な栄養素を1日3食バランスよくとることが大切です」と呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中