2019年 1月 21日 (月)

女性と一緒だと男は大食いする デートディナーはダイエットの大敵

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「モテたい!」「目立ちたい!」という意識が働くのか――。

   男性は、別の男性と食べる時より女性と食べる時の方がモリモリ食べてしまうという研究を米コーネル大学ケビン・ニッフィン博士のチームがまとめ、2015年11月、国際進化心理学誌「EPS」に発表した。

  • 楽しいからつい大食いしてしまう気持ちはわかるが……(写真はイメージ)
    楽しいからつい大食いしてしまう気持ちはわかるが……(写真はイメージ)

女性が隣にいるだけでピザ93%、サラダ86%増

   チームは、バイキング形式のイタリアンレストランを調査の場所に選び、2週間の間に昼食に来た客133人(男性74人・女性59人)を対象とした。そして、客に質問用紙を配り、ピザとサラダをどれくらい食べたか、一緒に食べた相手の性別を記録した。帰り際に研究者が客に声をかけ、食事の満腹度や急いで食べたかどうか、などについて尋ねた。

   その結果、女性が少なくとも1人いたグループは、男性だけのグループに比べて、ピザを93%、サラダを86%も多く食べていた。女性の場合は、グループに男性がいようが、いまいが、食べる量に変化はなかった。ただ、男性がいるグループの女性は、そうでないグループの女性に比べて、「食べ過ぎた」とか「食事を急き立てられた」などと感じた人が多かった。

自分の存在をアピールするために

   今回の調査についてニッフィン博士はこうコメントしている。

「男性の食べる量は、空腹度ではなく、一緒に食べる人の性別に依存している可能性があります。特に女性と一緒だと、自分の存在をアピールするために過食する傾向があることがわかりました」

   男子諸君、ダイエット中はデートディナーはやめた方がいいかも。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中