2022年 8月 10日 (水)

帝人が「着る化粧品」を2016年春に発売 生地のリンゴ酸が肌に潤い

モータースポーツの世界観を表現した『ECB-2000』

   帝人は2015年11月30日、皮膚に潤いをもたせる成分を繊維に染み込ませた女性用肌着を「着る化粧品」として2016年春に発売すると発表した。肌着として医薬品医療機器法に基づく「化粧品」の製造・販売の認可を得たのは国内初だ。

   人間の肌は、汗をかいたり乾燥が続いたりすると、表面がアルカリ性になり、荒れやすくなる。この肌着を着ると、生地に染み込ませてあるリンゴ酸の効果で健康な肌に近い弱酸性に保たれる。同社のテストでは、50回洗濯してもリンゴ酸の成分量はかわらなかった。

   ブランド名を「ラフィン」として、キャミソールやショーツなどに展開するほか、デサントが2016年春に発売するヨガ用ウエアにも採用される予定だ。

  • 着る化粧品「ラフィン」の試作品
    着る化粧品「ラフィン」の試作品
  • 着る化粧品「ラフィン」の試作品
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中