2018年 8月 18日 (土)

「化血研」血液製剤不正、40年以上前から組織的に 報告書で公表

印刷

   血液製剤の大手メーカー「化学及血清療法研究所」(化血研、本社・熊本市)が国の承認と異なる方法で製品を作っていた問題で、不正は40年以上前から行われ、メーカー幹部も認識していたことが分かった。メーカー側が2015年12月2日、第3者委員会の報告書を公表した。

   報告書によると、不正は血液製剤12製品すべてで行われ、ウソの製造記録を作って組織的に隠ぺいしていた。重大な副作用は報告されていないというが、薬害HIV訴訟の大阪原告団はこの日、「決定的裏切り」とメーカー側に抗議した。メーカーは、宮本誠二理事長ら理事9人全員が辞職することを明らかにした。厚労省は、近く行政処分する方針と、複数のメディアで報じられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中