2018年 10月 20日 (土)

労働人口の49%、人工知能やロボットで代替可能

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約49%が就いている職業が今後10~20年で、人工知能やロボットに置き換えられるとする研究を発表した。警備員やタクシー運転手、ビル清掃員などが代替される可能性が高いという。

   研究は英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授らと共同で行った。600以上の職業を対象にアンケートした結果を分析し、必ずしも特別な知識や技術が求められない職業は代替可能性が高いとした。

   同様の調査で、イギリスは35%、アメリカは47%だった。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...