2018年 8月 17日 (金)

国交省、異常破裂したタカタ製エアバッグの生産・使用停止を指導

印刷

   国土交通省は2015年12月4日、自動車部品大手タカタと各自動車メーカーに対し、タカタ製エアバックの異常破裂の原因とされる硝酸アンモニウムを使った装置の生産と使用を、18年末までに段階的に停止するよう指導した。

   タカタ製のエアバックは15年10月に静岡県でリコール(回収・無償修理)対象の日産車で異常破裂し、国内で初めて負傷者が出た。15年11月には米当局が段階的生産停止をタカタに命じている。米当局は硝酸アンモニウムを使ったバッグを膨らませるためのガスを発生させる装置が高い温度や湿度にさらされると不具合となり、やがては異常破裂する危険があるとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中