GDP改定値「ゼロ%」に上方修正、甘利経済再生相が異例の見通し示す

印刷

   2015年12月8日に内閣府が発表する7~9月期の実質国内総生産(GDP)改定値が「ゼロ%」に上方修正される。甘利明経済再生担当相が6日に出演したNHKの討論番組で「たぶんゼロ(%)になる」と述べ、11月に発表した速報値の前期比年率0.8%減から上方修正されるとの見通しを明らかにした。

   経済統計の担当大臣が発表前に具体的な水準に言及するのは極めて異例。1日に発表された7~9月期の法人企業統計で、金融機関を除く全産業の設備投資が前年同期比11.2%増と大きく伸びたことを踏まえたものとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中