2018年 8月 21日 (火)

ヤフー検索結果にも削除命令 東京地裁、グーグルに続き

印刷

   検索サイト「ヤフー」で自分の名前を検索すると、犯罪に関係したかのような結果が表示され人格権を侵害されているとして、日本人男性が運営会社に削除を求めた仮処分申請で、東京地裁は2015年12月1日、検索結果の一部削除を命じる決定を出した。8日までに複数メディアが伝えた。

   報道によると、関述之裁判官は、男性が削除を求めた47件のうち11件について「プライバシー権を侵害していることは明白だ」と述べ、削除を命じた。ヤフーは、国内で同社に削除が命じられたのは初めてだとしている。

   同じ男性が米グーグルに対して削除申立てでは、東京地裁が14年10月に一部削除を命じていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中