「あかつき」が金星周回軌道の投入に成功 日本初の惑星探査実現へ

印刷

   宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2015年12月9日、探査機「あかつき」の金星軌道投入に成功したと発表した。7日から5年ぶりの軌道投入に再挑戦し、計画通りにエンジンを噴射。軌道投入が成功したかどうか分析を進めていた。機体も正常な状態で、16年4月から2年間、本格的な観測を実施するという。日本の探査機が地球以外の惑星の周回軌道に入るのは初めて。

   あかつきは10年5月に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられたが、10年12月、メインエンジンの故障で軌道投入に失敗していた。15年12月7日、小型の姿勢制御用エンジン4基で噴射を試みた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中