2018年 8月 17日 (金)

豪快なくしゃみは超迷惑 飛沫は数分で部屋中に広がる

印刷

   「へえ~っくしょん!」と、ダイナミックにくしゃみをしているお父さん、どれだけ周囲に汚染物質をまき散らして迷惑をかけているかわかりますか? 数分のうちにくしゃみの「雲」が部屋中に広がるという研究を米マサチューセッツ工科大学のリディア・ブローバ博士のチームがまとめて、2015年11月の米国物理学会年次集会で報告した。

   ブローバ博士は、「くしゃみの力学」の研究者として知られ、2014年4月、超高速度カメラを使って、くしゃみの飛沫が従来考えられていたより、最大で200倍遠くの1キロ先まで飛ぶことを突きとめている。

   今回は、その延長で飛沫の「雲」がどう広がるかを、数日間に約50回のくしゃみをした2人の映像を分析して調べた。その結果、くしゃみの小滴が雲状に広がり、2、3分以内に部屋の面積を覆い、天井の換気ダストまで届いた。

   さらに、小滴がどのように「推進力」を得て遠くまで広がるかのメカニズムを解明した。それによると、小滴は最初から形になっているわけではなく、肺を出て唇を通過して空中に混ざる複雑な連鎖の過程で、水滴が崩壊して霧状の雲になり、勢いよく広がった。

   ブローバ博士は「くしゃみの力学をさらに解明すれば、インフルエンザの大流行を予防につながります」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中