2018年 12月 12日 (水)

豪快なくしゃみは超迷惑 飛沫は数分で部屋中に広がる

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「へえ~っくしょん!」と、ダイナミックにくしゃみをしているお父さん、どれだけ周囲に汚染物質をまき散らして迷惑をかけているかわかりますか? 数分のうちにくしゃみの「雲」が部屋中に広がるという研究を米マサチューセッツ工科大学のリディア・ブローバ博士のチームがまとめて、2015年11月の米国物理学会年次集会で報告した。

   ブローバ博士は、「くしゃみの力学」の研究者として知られ、2014年4月、超高速度カメラを使って、くしゃみの飛沫が従来考えられていたより、最大で200倍遠くの1キロ先まで飛ぶことを突きとめている。

   今回は、その延長で飛沫の「雲」がどう広がるかを、数日間に約50回のくしゃみをした2人の映像を分析して調べた。その結果、くしゃみの小滴が雲状に広がり、2、3分以内に部屋の面積を覆い、天井の換気ダストまで届いた。

   さらに、小滴がどのように「推進力」を得て遠くまで広がるかのメカニズムを解明した。それによると、小滴は最初から形になっているわけではなく、肺を出て唇を通過して空中に混ざる複雑な連鎖の過程で、水滴が崩壊して霧状の雲になり、勢いよく広がった。

   ブローバ博士は「くしゃみの力学をさらに解明すれば、インフルエンザの大流行を予防につながります」と語っている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中