安倍首相個人ウェブサイトにサイバー攻撃 「アノニマス」の犯行か

印刷

   安倍晋三首相の個人ウェブサイトが2015年12月10日朝、つながりにくい状態になった。国際的ハッカー集団「アノニマス」を名乗るツイッターのアカウントが安倍首相のアカウントを名指ししながら「捕鯨は文化的権利ではない」などと書き込んでおり、アノニマスがサイバー攻撃を行った可能性がある。 菅義偉官房長官は同日午後の記者会見で、犯行がアノニマスによるものかについて記者から質問され「そこについては承知してない」と確認を避けた。

   ウェブサイトは同日17時時点では復旧している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中