2018年 8月 18日 (土)

ジェネリック医薬品、2016年度から新薬の半額に

印刷

   新薬と同じ有効成分を持つ後発医薬品(ジェネリック)の価格が、2016年度に引き下げられる見通しとなった。厚生労働省は、2015年12月2日に開かれた中央社会保険医療協議会(中医協)で、現在は新薬の原則6割となっている価格を原則5割に下げるよう提案し、大筋で了承された。

   中医協は4日にも開かれ、厚労省はジェネリックに関して、2015年9月の時点で患者が使用した薬全体の56.2%を占めたと報告した。政府はジェネリックの普及目標を、2020年度までに80%と掲げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中