王将社長射殺事件、九州の暴力団組員が関与? たばこに付いた唾液がDNA一致

印刷

   中華料理チェーン「餃子の王将」を全国に展開する王将フードサービス(京都市山科区)の前社長、大東隆行さん(当時72)が本社前で射殺された事件で、事件現場付近に落ちていた遺留物をDNA鑑定した結果、九州地方に拠点を置く暴力団組員のものと一致した。2015年12月13日、各紙が報じた。

   遺留物は、たばこの吸い殻。付着していた唾液のDNA型が暴力団組員のものと一致したという。京都府警は事件との関連を捜査する。

   事件は2013年12月19日早朝に起き、大東さんは本社ビル前の駐車場で何者かに拳銃で射殺された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中