日経平均、原油安で一時600円超安

印刷

   2015年12月14日の東京株式市場で、日経平均株価が一時、前週末終値比で619円下落した。原油安を背景とした前週末の欧米市場の株安を引き継いだ。この日の取引は前営業日比343円39銭安の1万8887円09銭と大幅反落で始まり、同347円06銭安の1万8833円42銭で終了した。取引時間中での1万9000円割れは11月5日以来、約1か月ぶり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中