2019年 10月 20日 (日)

新国立、森氏のB案肩入れ発言が物議 「立場分かっているのか」大臣や関係者から批判浴びる

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新国立競技場の建設計画で公表された2案について、東京五輪パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が「僕はB案の方がいいと思うね」とさっそく一方に肩入れする発言をして、波紋を広げている。

   森会長に決定権はないが、影響力は決して小さくない。関係閣僚や前都知事からは発言を疑問視する声が上がっている。

  • 森会長が評価したB案(技術提案書よりJSC提供)
    森会長が評価したB案(技術提案書よりJSC提供)
  • 森会長に「明るさがない感じ」と言われたA案(技術提案書よりJSC提供)
    森会長に「明るさがない感じ」と言われたA案(技術提案書よりJSC提供)

「いかにもスポーツという雰囲気が出ている」

   日本スポーツ振興センター(JSC)は2015年12月14日、外観イメージやコンセプト、総工費などをまとめた2案の技術提案書を公表した。

   これを受け、森会長は14日、報道陣に対し、「僕はB案の方がいいと思うね」と明言。

「いかにもスポーツという雰囲気が出ている。ギリシャの神殿みたいな感じですね」

とほめた。一方のA案については「ASEANの国のお城や古墳」と表現し、

「この中でスポーツ大会をやっているという明るさがない感じかな」

と厳しい評価を下した。

   もちろん森会長に決定権はないが、五輪組織委会長という役職上、影響力は小さくない。撤回されたザハ・ハティド氏の設計にも「生カキみたい」とコメントして物議をかもしたばかりだ。

   JSCも2案の公表にあたり、事業者の名前は伏せていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中