2018年 7月 23日 (月)

トヨタFCV「ミライ」、1年で受注3000台以上 計画8倍、納車に4年

印刷

   トヨタ自動車が2014年12月15日に発売した燃料電池車(FCV)「ミライ」の国内での受注台数が、発売から1年で3000台以上になった。2015年12月15日にトヨタが明らかにした。発売当初の国内の販売目標は年400台で、受注ベースでは計画比の約8倍となった。

   ミライの受注台数は、発売後の約1か月時点で約1500台だった。年間の生産台数を2016年で2000台、17年で3000台に段階的に増やすべく生産設備を増強している。しかし、FCV特有の部品の生産に時間がかかるなど生産台数に限りがあるため、現在受注しているミライの納車が完了する時期は2019年以降になる見通し。

   FCVは水素と酸素の反応から取り出した電気で走り、走行時には水しか出さないため次世代のエコカーとして注目されている。

  • トヨタ「ミライ」
    トヨタ「ミライ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中