森会長「記者から聞かれて言っただけ」 新国立B案肩入れ発言を釈明

印刷

   新国立競技場の建設問題で、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は2015年12月15日、東京都内であった日本トップリーグ連携機構の会合に出席した際、新国立の新たな計画の技術提案書について「B案の方がいい」と語り、批判を浴びたことに、「記者から聞かれて言っただけ。はめられた」と話した。その後も「私に決める権限はない」とぼやき続け、自身への批判に不満を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中