2018年 10月 16日 (火)

指をポキポキ鳴らす何気ないクセ 関節では凄いことが起きている

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   指の関節をポキポキ鳴らすのが癖になっている人が多いが、その時、関節の中では気泡が破裂して火花が散っている。

   火花が先か、音が先か、長年の議論に決着をつける研究成果を、米カリフォルニア大学ヘルスシステム放射線医学部のロバート・ブーチン教授らがまとめて、2015年11~12月に米シカゴで開かれた北米放射線医学会年次集会で報告した。

  • 指を鳴らすたびに関節内でピカピカ光っている
    指を鳴らすたびに関節内でピカピカ光っている

ポキポキ鳴る音は火花の音ではなかった

   ブーチン教授らによると、25~50%の人が習慣的に指をポキポキ鳴らしているが、どういうメカニズムで鳴るかについては議論が沸騰していた。

   従来の有力な説はこうだ。指が鳴る時、その直前に関節の中に気泡が発生する。超音波画像で関節の内部を見ると、音が出るとほぼ同時に火花のような明るい閃光が走る。このため、閃光と音は気泡がはじける時に出ると思われてきた。

   研究チームは、18~63歳の男女40人に計400回、指を鳴らしてもらい、超音波画像と高感度の集音装置を使い、映像と音の両面から検査した。

   今回は音と閃光の時間差を調べた。すると、ピカッと光る直前に音が発生することがわかった。その差は平均で0.01秒だ。気泡がはじける音ではなく、気泡が作られる時の音だった。

1回指を伸ばすだけで約60回も微弱な関節音

   気泡は、関節内の潤滑油に溶けている気体から作られる。指を伸ばす時の圧力により微小な泡が生じ、1回指を伸ばすだけで約60回も微弱な関節音が出る。その微小な泡が一気に集まり1つの大きな気泡を作る時に、ポキポキ音が出るわけだ。

   ブーチン教授は「関節の音について、長い間議論が続いてきましたが、音と閃光が、気泡の圧力の変化によるものだと証明できました」と喜んでいる。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...