2018年 8月 16日 (木)

指をポキポキ鳴らす何気ないクセ 関節では凄いことが起きている

印刷

   指の関節をポキポキ鳴らすのが癖になっている人が多いが、その時、関節の中では気泡が破裂して火花が散っている。

   火花が先か、音が先か、長年の議論に決着をつける研究成果を、米カリフォルニア大学ヘルスシステム放射線医学部のロバート・ブーチン教授らがまとめて、2015年11~12月に米シカゴで開かれた北米放射線医学会年次集会で報告した。

  • 指を鳴らすたびに関節内でピカピカ光っている
    指を鳴らすたびに関節内でピカピカ光っている

ポキポキ鳴る音は火花の音ではなかった

   ブーチン教授らによると、25~50%の人が習慣的に指をポキポキ鳴らしているが、どういうメカニズムで鳴るかについては議論が沸騰していた。

   従来の有力な説はこうだ。指が鳴る時、その直前に関節の中に気泡が発生する。超音波画像で関節の内部を見ると、音が出るとほぼ同時に火花のような明るい閃光が走る。このため、閃光と音は気泡がはじける時に出ると思われてきた。

   研究チームは、18~63歳の男女40人に計400回、指を鳴らしてもらい、超音波画像と高感度の集音装置を使い、映像と音の両面から検査した。

   今回は音と閃光の時間差を調べた。すると、ピカッと光る直前に音が発生することがわかった。その差は平均で0.01秒だ。気泡がはじける音ではなく、気泡が作られる時の音だった。

1回指を伸ばすだけで約60回も微弱な関節音

   気泡は、関節内の潤滑油に溶けている気体から作られる。指を伸ばす時の圧力により微小な泡が生じ、1回指を伸ばすだけで約60回も微弱な関節音が出る。その微小な泡が一気に集まり1つの大きな気泡を作る時に、ポキポキ音が出るわけだ。

   ブーチン教授は「関節の音について、長い間議論が続いてきましたが、音と閃光が、気泡の圧力の変化によるものだと証明できました」と喜んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中