2019年 3月 27日 (水)

小型モビリティ「ホバーボード」世界中で「発火」騒動 バッテリーが原因?日本では大丈夫か

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   人の体重移動によって誰でも手軽に走行できる小型モビリティ、「セグウェイ」やそれに似た技術を活用した「ジャイロボード」や「ホバーボード」などの人気が、世界中で急上昇している。

   そうした中で、インターネットのまとめサイトや動画サイトのYouTubeには、ハンズフリーの新感覚のボード型モビリティ、「ホバーボード」が激しい炎に見舞われたり、発火する瞬間を写したりした映像が続々公開され、見た人を震えあがらせている。

  • 人気の「ホバーボード」爆発、炎上も・・・ (画像はYouTube動画のスクリーンショット)
    人気の「ホバーボード」爆発、炎上も・・・ (画像はYouTube動画のスクリーンショット)

米国では爆発して一軒家が全焼も

   公開されている映像は一つ、二つではない。たとえば、米ニューヨークで燃えあがった「ホバーボード」は、大きな火災になる前に消し止められたものの、黒く焦げて大きく破損していた。米ルイジアナ州の一軒家でも爆発、家は全焼した。米メリーランド州の住宅では、誕生日プレゼントだったホバーボードが発火し激しく燃えた。

   英ロンドンでは寝室に置いてあったホバーボードが爆発。住人は窓から脱出したという。ショッピングモールが燃えあがったケースもあった。

   まだある。香港では地元メディアが「中国製の電動スケボー(ホバーボード)が爆発し室内全焼した」と2015年12月1日付で報じた。香港の公営マンションに住む家族が、中国・深センで購入したホバーボードを充電したところ爆発したという。

   海外での相次ぐ爆発、炎上の報告に、日本のインターネットでは、

「こえー。これ、Maker Faire Tokyoの会場で乗ってる人がいたな。中国製だったかどうかは知らないけど」
「秋葉原の公道で乗ってる奴見たなあ。バッテリーか???」
「やはり、炎上は怖いwwww」

といった驚きの声が寄せられている。

   スマートフォンやノートパソコンで、バッテリーの不具合による爆発や発火騒ぎが起きていることもあって、「ホバーボード」のようなモビリティはさらにバッテリー容量が大きいだけに、そこに発火の原因があると見る向きが少なくないようだ。使われているバッテリーが中国製との指摘もある。

   米国では、爆発、炎上した事例が相次いだことから、通販大手のAmazonが「ホバーボード」の販売の一部見合わせや、2015年12月17日には米国郵便公社(USPS)が安全上の問題から郵送を制限する措置を講じたと発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中