SEALDsなどが「市民連合」 安保法制に反対する候補を支援

印刷

   安全保障関連法に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」などの市民団体が2015年12月20日、東京都内で記者会見し、野党や無所属候補を支援する「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」を設立すると発表した。

   16年の参院選で安保法制に反対する候補を支援。1人区で野党統一候補の擁立を促す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中